新築注文住宅

新築注文住宅

新築注文住宅

基本仕様

構造 木造軸組在来工法(高耐久性木造)2階建
基礎 鉄筋コンクリートべタ基礎
外壁 防火サイディング(1階2階とも塗装品)
電気 照明器具(浴室のみ付属)・電話用配管1カ所(居 間)・工アコン用コンセント2カ所(居間・2階寝室)テレビ用端子2カ所(居間・2階寝室)電気コンセント(各室2ロ/1~3カ所)
給湯 給湯箇所(台所・洗面所・浴室)
厨房 システムキッチンQ=2550・2400、床下収納庫
衛生 ユニットバ ス1616・1水栓・洗面化粧台(シャワー水栓)・洋風便器(1F)
その他 床下防蟻防腐処理水洗柱(1カ所)・散水栓(1ケ所)

 

耐震性能

耐震性、耐久性、快適性を追求した安心・安全の住まい。
外周部耐力壁は軸組壁倍率の最大値5.0、総耐久壁は建築基準法の1.5倍以上

暴風や地震に強い屋根

暴風や地震に強い屋根

すべての瓦をステンレスの釘で固定し、台風や地震での瓦の飛散を防止。下地には釘穴貫通部に強い弾性素材のゴムアスルーフィングを使用し、防水性を高めています。

また野地板には耐久性の高い無垢の杉板を使用。
さらに垂木には台風時に威力を発揮するあおり止めの「くら金物」を使用レています。

地盤調査

地盤調査

着工前に精密な地盤調査を行い、適切な基礎仕様をご提案。
最新のスウェーデン式サウンディング試験での「地盤調査」で地耐力をチェックします。調査の結果問題があれば、必要に応じて地盤改良なども行います。

建物・地震の負荷を分散するベタ基礎

建物・地震の負荷を分散するベタ基礎

鉄筋コンクリートをふんだんに使った性能保証住宅施工基準をもとに構造計算設計されたべタ基礎を標準設定。

垂直荷重を面で支える一体型で建物地震の負荷を地面全体に分散し、大切な住まいを土台からしっかりと支えます。さらに防湿フィルムとの併用で地中からの湿気をシャットアウト。耐久性を高めています。

「外壁通気工法」で壁体内結露を防止

「外壁通気工法」で壁体内結露を防止

「外壁通気工法」により耐久性を低下させる壁体内結露を防止。
さらに万が一、隣家などの失火による火事の類焼でも性能表示制度の「火災時の安全」に関する等級の最高ランク「4等級」にも対応できる耐火性に優れた外壁材を使用しています。

通気性を高める「床下全周換気システム」

通気性を高める「床下全周換気システム」

湿気のこもりやすい床下には基礎と土台の間に換気性能を高める床下全周キソパッキングを採用。

基礎全周に敷き詰める口ングタイプを使用し、基礎全体で建物の荷重を受けとめることができる のでより安全です。

床下地材直張工法

床下地材直張工法

1・2階の床には、厚さ28mmの構造用合板を使用し、品確法床倍率の3倍を確保。

さらに火打金物を併用することにより、地震や台風時の横からの外力に対して強さを発揮します。

土台に耐久性、防虫性に優れたヒノキ集成材を採用

土台に耐久性、防虫性に優れたヒノキ集成材を採用

独特の芳香と見た目の美しさだけでなく、耐久性能・防虫性能といった実用性にもすぐれているヒノキを集成材化し、高い寸法精度が実現。強い土台材として採用しました。

耐震金物

耐震金物

プレカット工法による木と木の接合部の補強として耐震金物を使用することで、柱、床、壁、小屋組みをしっかり一体化しました。さらに金物にはすべて防錆加工を施し、耐久性を高めています。

安心の住まいづくりのために

末永く安心しておすまいいただけますように、社内検査はもとより第3者機関による、調査、検査、登録を行い、お引き渡し後10年間の住まいの補償証、保険証をお付けしております。

10年間の住まいの補償証、保険証

住宅瑕疵担保責任保険

国土交通大臣より指定を受けた保険法人の定める設計施工碁準に適合した住宅に付けられる10年間の長期保険です。
保険法人の提携検査機関が、基礎配筋検査、上部躯体検査及び防水検査を行い、その検査に合格した建物に万が一、住宅の品質確保の促進等に関する法律に定める瑕疵が判明した場合、その補修を確実に履行します。

シロアリ10年補償

建物の下一面にコンクリートを打つべタ基礎や床下の換気を良くする通気工法、床下に水気を漏らさないシステムバスの採用、で床下から湿気を追放。万がーシロアリが侵入しても元来シロアリに強いヒノキの土台と床を支える床束を鋼製にすることでシロアリ10年補償を実現しました。

お問い合わせはこちら

お気軽にお問い合わせ下さい。本社:097-567-7608 営業所:097-585-5335 株式会社アンビシャスJapan
お問合せ・資料請求